大震災チャリティ (385-3) <四日市に到着>

2018年03月09日

近鉄特急、大阪難波発 名古屋行の4号車には、乗客は5~6人しか乗っていませんでした。   駅前通りの御堂筋には人また人。  駅構内に入れば人の大波・小波。   おかしな先入観を持ってしまい、車内も混雑するものと早とちりしてしまいました。

乗って見れば車内は空席が多く、チェロも、スーツケースも置く場所はいくらでもあったのに2席分のお金を払ってしまいました。   でもこれは致し方のないところです。   通路に立つ人がいるほど混む時は、2席買っておいてよかった・・ と思うし、乗って見なければわからないのですからね。

近鉄特急は、 「大和八木」 に停車し、室生寺が近い 「室生口大野」 には停まらず、 「名張」 、「津」 などに停車し、

DSCN1364.JPG

DSCN1365.JPG四日市に到着しました。

DSCN1366.JPG

ホームに降り立つと、階段を下りた所にある改札口付近から、 「じいたぁ~ん!」 と、女性の大声が。   見ると、四日市、 「大師の寺 住職」 立葉了禅さんの奥さん、美香さんが大きく手を振っていました。

駅に近い東横インにチェックイン後、了禅さんも合流してオバサンが一人で切り盛りしている家庭料理風の居酒屋さんで乾杯しました。    

DSCN1369.JPG

つづく。

●●● 3月5日にハヤシ ヒロコさんから、¥10,000~を 「じいたん子ども基金」 にお預かりしました。   ハヤシさん、震災以後、たび重なるご支援と変わらぬご厚情に心より感謝申し上げます。   また昨日、大阪、「観福寺」 住職の花岡祐宣さんから、活動費として、¥10,000~が送られてきました。   ありがとうございました。

●●● 3月5日投稿のブログでお伝え致しましたが、先月、大阪の 「観福寺」 で行われた大震災復興支援チャリティ(384) の募金箱に入っていた外貨の紙幣と硬貨のうち、米ドル紙幣1ドル (¥102~) と、韓国紙幣1000ウォン (¥83~) を、3月7日に銀行で円に変換して 「じいたん子ども基金に」 入金しました。

以上ご報告し、3月の収入とさせていただきます。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9133

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)