大震災チャリティ (384-5) <募金箱に外貨>

2018年03月05日

観福寺での大震災復興支援チャリティ(384) が終演となり、花岡さんと菅っすは、募金箱の中のお金を本堂の畳の上に広げて数えはじめました。  小生は、チャリティ(1) からこの作業に加わったことはありません。   集計したお金を入れた、封をした袋に金額を書いてもらい、それを銀行の 「じいたん子ども基金」 の口座に入金するのが小生の仕事です。

「おっ、ドルだ!」  菅っす が素っとん狂な声をあげました。  

DSCN1405.JPG「ウォンもある!」

DSCN1406.JPG募金の中から日本円に混ざって次々と外貨が。  上、 左からマレーシア、シンガポール、中国。  下、 左からユーロ、ブラジル、ニュージーランド。  何と8ヵ国の外貨です。

DSCN1407.JPG大震災復興支援チャリティでは、384 回目にして外貨募金は初めてのこと。  さぁ、このコインをどうしよう。  コインは銀行に持って行っても円に変換できません。

東北復興のための募金ですが、今回の外貨募金に限ってはその目的のために使う方法がないようです。  海外から帰国した方が国内に持ち込む外国のコインを有効に使うために、税関付近に募金箱が置いてあったように記憶しています。   今月も国内便に乗るので、客室乗務員の方に相談がてら募金箱に入れていただくようお願いしてみようと思っています。   追ってご報告致します。  

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9126

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)