大震災チャリティ (384-2) <お坊さんたちと交流>

2018年03月02日

大震災復興支援チャリティ コンサート、(384~386) は、お坊さんたちとの交流を深める旅でもありました。  始まりは大阪からでした。  和泉市のホテルにチェックイン後、迎えに来て下さった大阪のお坊さん、花岡祐宣さん、和歌山のお坊さん、菅っす (菅原成典さん) と会場となる 「観福寺」 へ下見に行きました。

「観福寺」 は、ホテルから車で10分ぐらいの所にありました。   正面の段々を上がった所が本堂で、檀家さんたちはここから出入りするようです。

DSCN1303.JPG

手前には立派な鐘が。

DSCN1302.JPG

会場の下見と簡単な打合せが終わると、菅っすは 「明日も来るから・・・」 と、和歌山へ帰りました。     菅っすと花岡さんは、若い頃、修行僧が全国から70名ぐらいが集まる高野山の修行寺で、二人は同室で修行を積んだそうです。

DSCN1296.JPG

大阪から和歌山県に入り、橋本駅を経由して高野山へ行く南海電鉄は、高野山付近が現在も土砂崩れで不通になったままです。  あまり報道されないのは、犠牲者がでなかったからでしょう。   不幸中の幸いでした。  被害は大きく、南海電鉄だけでは復旧作業が難しいそうで、復旧の目途は立っていません。   現在、橋本駅と高野山の間はバスがピストン輸送しています。

高野山近くの、高野下駅と極楽橋駅の間は、「好景観区間」 に指定されている区間で観光客で賑わうそうです。  その景色を観賞し、その先の 「奥の院」 まで1度行ってみたいと思っています。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

  

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9113

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)