<お坊さん3人組は高野山で修行僧時代の同級生>

2018年02月12日

年が新しくなり、東日本大震災復興支援チャリティ公演が行われる都市は、チャリティに限っていえば小生にとって初めての都市が多いです。  震災や原発事故が忘れられ風化していく中で、それとは逆に支援の輪が全国に広がっていくのは、本当に有難く嬉しいことです。

2月23日に初めて開催して下さる大阪府和泉市の 「観福寺」 は、和歌山県橋本市の 「観音寺」 の住職、菅原成典さんが紹介してくださいました。

& 和歌山県橋本市の居酒屋で。  菅原成典さんと。 (あだ名は すがっす)  2017年3月4日。

7844.jpg

「すがっす」 は、ご自身の 「日本三荒神 光三寶荒神社」 で、小生と鳥居はゆきさんのお祓いをしてくださいました。   2014年?

4633,.JPG23日のチャリティ (384) は大阪府の観福寺。  住職の花岡さんと菅原さんは、高野山で修行を積んだ時の同級生。   

翌、24日には菅原さんが橋本市で開催してくださいますが、翌々日の25日に行われる三重県四日市市の 「大師の寺」 の住職、立葉了禅さんと、上記のお二人は修行僧時代、高野山で同じ釜の飯を食った仲間なのだそうです。

& すがっす (左) と、立葉了禅さん。

4600,.JPG了禅さんは、全国にその名を知られたとても偉いお坊さんだそうですが、図々しい小生は、気軽に 「了禅さん」 と呼び、ご馳走にばかりなっています。  

一昨年は四日市市内の公園の野外ステージでチェロを弾いたあと、津市へ箏とハープのコンサートに連れていって下さり、帰りに鰻をご馳走になりました。  その前の年には、とても自腹では暖簾をくぐれない四日市の超一流の寿司屋さんで大ご馳走になりました。  四日市の寿司ネタは、北海道に負けず劣らず美味しいネタです。

& 右、立っているのが立葉了禅さん。   こちらは寿司屋さんではなく、和歌山県橋本市のイタリアンレストランで。  2014年?    鳥居はゆきさんも たらふくご馳走になって嬉しそう。

4604.JPG上記のように、菅原さんと立葉さんとは何度か盃を交わしたことがありますが、お二人とも小生を 「じいたん」 と呼び、大の仲良しです。  

僧侶お二人、共に酒飲みで大食漢。   (失礼!)  今月お会いするのは、菅原さんとは1年ぶりで、立葉さんは2年ぶりです。   

今月 「観福寺」 の花岡さんとは初めてお会いするのですが、花岡さんも酒飲みかな・・・   お会い出来ること、本当に楽しみです。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9028

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)