<岡山からお誘い>

2018年02月09日

横浜で行われた 「ソロプチミスト日本財団」 の贈呈式の翌日、福島県田村市都路町の旅館でくつろいでいると、岡山在住で小生と同じ 「千嘉代子賞」 を受賞された竹内昌彦さんから電話がありました。

竹内さんは、彼が住む岡山で小生が続けている東北復興支援のチャリティ コンサートをやりたいと。  どんな条件なら来て貰えるか?・・・と。

震災から7年間で380回以上も続けてきた復興の願いを込めたチャリティ コンサート。   第1回から基本的には変わらぬ姿勢で行なっている活動のやり方は、このブログで何度もお伝えし、新聞紙上で何度も取り上げてくださいました。   小生が竹内さんにどうお答えしたかは改めてここに記す必要はなさそうです。

小生が答えたことに竹内さんは喜び、仲間と話し合ってみる・・・ とおっしゃいました。  その数日後、今度は札幌の自宅に帰っている時に携帯電話が鳴りました。   

" 英順さん、3月18日はどんなスケジュールになっていますか? "   予定はない旨、伝えると、 " その日は、点字ブロックが世界で初めて岡山で発祥した日なのです。  その日がきっかけになって、岡山から日本全国に・・・ そして世界へ広まっていきました。   その記念の日に英順さんのコンサートをぜひ岡山でやりたいのです。 "

" 仲間と話を詰めていきます。  正式に決まったら連絡しますから、その日は△印であけておいてください。 "

小生は、竹内さんに言われた通り、スケジュール ノートの3月18日の欄に、<岡山チャリティ △印> と書き込みました。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9017

コメント

すばらしいですね。
「千嘉代子賞」が土田さんと竹内先生という素晴らしいお二人の出会いの場を作ったのですね。
私自身少し関わることができて、ホントにホントに嬉しいです。
岡山行きたーいです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)