今月の支援 2 <福島の子どもたちを南幌に招待する会へ>

2018年01月21日

今月の支援 (2) は、「福島の子どもたちを南幌に招待する会」 へ、¥30,000~を支援させて頂きました。 (振込手数料、¥486~)

DSCN1164.JPG

福島の子どもたちのための南幌保養キャンプ場、 「三重レークハウス」 には、昨年8月7日に訪れ、子どもたちと昼食を共にし、チェロも弾きました。  昨年暮れには主催者から 「なんぽろキャンプ 2017 実施報告書」 が届きました。

DSCN1109.JPG

この保養キャンプは、初回には保護者同伴で行われましたが、2回目からは子どもだけの参加で行われています。  キャンプスタッフらの子どもたちへの接し方や、キャンプをサポートするお寺の住職さんご夫妻、ボランティアで集まる人たち、また滞在する周辺の環境、滞在中のスケジュールなどすべてが素晴らしく、親は安心して子どもだけで参加させているのでしょう。

DSCN1119.JPG

「実施報告書」 と一緒に会長の大西直子さんからお手紙も頂きました。   <・・・これからも福島の子どもたちのために明るいキャンプを続けられるように、皆でひとつひとつ積み上げて行こうと思います。・・・>

"  大西さんへ。  ささやかですが、応援を続けさせて頂きますので、皆さんで協力し合って頑張ってください。    キャンプ 2018 にもおじゃましたいです。  よろしくお願い致します。"

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8954

コメント

27日に総会を終えました。キャンプ2018に向けてみんなの顔がそろいました。若い方たちも、運営会議に出ますよ、と積極的で頼もしいです。今年は8月1日から8日まで(南幌には2日~7日までの滞在です)今年も南幌三重湖の夏休みを体全部でで楽しんでもらいたいと思います。キャンプに土田さんのご訪問はうれしいです。大歓迎です。先ずはスタッフメンバー皆元気であるように祈りつつ、支援の方々と繋がりながら一つ一つキャンプを作っていきたいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)