<神様からのご褒美?>

2018年01月05日

12月3日 (日) の午後、帯広畜産大学講堂でコンサートがありました。 帯広では、過去に100回を超えるコンサ-トを行なっていますが、畜産大学講堂で弾くのは初めてのことでした。 

IMG_1399.JPG主催して下さったのは、「帯広市川西地区生涯学習推進委員会」 で、こうした機会を設けて下さり、感謝の気持ちでいっぱいでした。

講堂は300席ぐらいでしょうか。  手頃なスペースでしたが、ステージに天井がなく筒抜けで、両サイドにも反響版がない上、垂れ幕があるため、音が吸収されてしまい響きが足りないので、ステージの最前部まで出て弾きました。

IMG_1393.JPGやはりピアニストが共演してくださるとノリが違いますね。  このところの2年ぐらいは、ピアノなしで一人で弾くことが多かったので鳥居はゆきさんに感謝です。  

夜には彼女も同席してお洒落な和食レストランで打ち上げパーティがありました。  小生は、その日も温泉ホテルに宿泊しましたが、翌朝も仕事がある忙しい彼女は、最終の特急列車で札幌へ帰りました。 

高齢になると、 " 疲れたな。 今日は練習を休もうか・・ " と思う日がよくあります。  しかし、疲れているのではなく80歳にもなれば、それが体力なのでしょう。  1日練習を休んでも、翌日、気だるい身体がシャキッとするわけでもないので、  " だったら練習しよう。 " と思い直します。

高齢になって練習を休むと、せっかく身につけた技術は急降下し、元に戻すのに時間がかかります。  休むと、そのあとがつらいのです。  コンサートの機会を頂いた上、楽しい打ち上げパーティでご馳走して頂けるのは、練習を続けていることに対する神様からのご褒美なのかもしれません。  

8356,.jpg● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8890

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)