<母たちの祈り>

2018年01月01日

" 大晦日、除夜の鐘より、想念の響きに酔いて、年を越す " ・・・ CDを聴いて下さったのでしょう。  今朝、岐阜県にお住いのファンからメールが着信していました。  「想念」 は、小生唯一の自作品。  今年も良い年になりそうです。

明けましておめでとうございます。  今年もどうぞよろしくお願い致します。  新しい年になったからと言って、特に抱負はありません。  これまでと同じように、<休日は練習日> を実行していきます。  

1673.jpg練習のはじめには弓の根元から先まで使って、ゆっくりしたテンポで音階を弾き、基本を大切にすることを忘れないようにしたいと思います。

DSCN1001.JPG数日前、BSTVで <母たちの祈り フクシマとチェルノブイリ> をみました。  甲状腺がんの手術痕をマフラーを首に巻いて隠す女の子。  内部被ばくした子を思う母の苦悩。  福島の母とベラルーシの母の交流。  国境を越えて励まし合う母と母。  

涙でTVの画面が何度もかすみました。  感動的な番組で保養キャンプの必要性、大切さを改めて認識させられました。  大人も子どもも、多くの方々に見て頂きたい番組でした。

チェルノブイリ原発事故の影響を受けたベラルーシ、ウクライナ、ロシアの3国は、子どもの保養キャンプを国家が支援して行っています。  原発を国の政策として推進してきた日本は事故が起きているのに、政府は何故 保養の必要性に目を向けないのでしょうか。

& 2017年9月9日の新聞記事。

DSCN0482.JPG全国で200以上の民間団体が、寄付金を頼りに保養キャンプを実施していますが、それに無関心な人が少なくないのも悲しい現実です。  

対岸の火事、他人事と捉えず、今年も被災各地を訪れて被災状況、復興状況を見聞し、現実に即した支援が続けられるよう努力して参りますので、よろしくお願い致します。  

さて、昨年も1年間多くの方々にチャリティ コンサートでお世話になりました。  12月に行われた分のご報告が年を越してしまいました。  すみません。  順次ご報告をさせていただきますね。

今年最初のご報告は、12月2日(土) の午後、帯広市緑丘小学校体育館で行われた、大震災復興支援チャリティコンサート(378) です。  

20171202_153232.jpgつづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8869

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)