今月の支援 6 <子どもを守る活動を続けるお母さんたちへ>

2017年12月27日

今月の支援 (6) は、原発事故が起きたため、子どもたちの将来の健康被害を危惧し、子どもたちを守る活動を続けている母親たちの中から、「青空保育たけの子」  へ、¥20,000~を支援させて頂きました。 

DSCN1051.JPG

& 振込み手数料の関係で、一旦自分の口座から振り込みました。

「青空保育たけの子」 には、10月下旬、8人の子どもたちに色鉛筆とアートスパイラル (スケッチブック) を贈りました。  代表の辺見妙子さんは、それをすぐに子どもたちに渡さず、12月24日のクリスマス会でプレゼントしたそうです。

& 写真左、カメラを構えているのが辺見さん。

DSC_0830_20171224170404_20171224174327.jpg風化が進み、人々から忘れられていく中で、子を思うお母さん方の頑張るお姿は感動的で脳裏に焼き付きます。

参議院議員会館を訪れ、3大臣に支援の要望書を提出後に記者会見を開いた辺見妙子さん。  余程の覚悟がなければ出来ることではありません。  彼女の切羽詰まった思いを少しでも和らげてあげたいと思っています。

11月の東北コンサートツアーでは、福島のホテルから米沢のコンサート会場間を送迎して下さった辺見さん。  車内でお話をたくさん伺いました。

福島から帰宅した翌日、辺見さんからメールが着信しました。  「震災と原発事故が忘れ去られる中、活動を継続してくださっていることに感謝です。  現状を知って驚かれたことでしょう。  メディアに載らない現実を発信していただければと思います。」

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8852

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)