<高い防潮堤に囲まれた国に?>

2017年12月14日

浪江町の請戸地区へ案内してくれたタクシー運転手さんは、原発事故後、宮崎県から浪江町に来て廃炉作業や除染作業の仕事をしてきたそうで、さすがに原発事故に関する知識は相当なものでした。  現在はタクシー業ですが、仕事は週に3~4回観光客を乗せるだけだそうです。

港へ行く途中、津波で荒らされたれたままになっている元住宅地を通りました。  住宅が密集していたこの場所には、壊されたままの家が数軒残っていました。   今後は一般住宅の建設は禁止となり、水素燃料工場が建つのだそうです。

DSCN0863.JPG

港に着きました。  

DSCN0852,.JPG

漁船も数隻いましたが。

DSCN0856.JPG

ここでも海が見えなくなる高い防潮堤を作っていました。  海が見えない漁港になるのでしょうか。

DSCN0855.JPG

茨城県あたりから青森県まで、太平洋側は刑務所の塀のようになってしまうのでしょうか。  陸前高田も大船渡も、釜石も、海が見えなくなる工事を進めていました。  茨城県から南の方はどうするのでしょう。  日本海側は?  北海道や九州、四国は?  

DSCN0853.JPG

日本国は高い防潮堤に囲まれた海が見えない島国になってしまうのでしょうか。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8813

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)