<尾を引く原発事故>

2017年12月05日

今回のコンサートツアーは、福島県2市と米沢市でした。     米沢市では原発事故による避難者のために 住まいを 「雇用促進住宅」 で対応しました。  しかし、事故後6年8ヵ月が経過し、県は民間へ入札して売却しました。  民間に移行し家賃が発生すると、8世帯が支払いを拒否し訴訟になりました。

" 自分たちは住まいもふるさとも原発事故によって奪われた。  自分たちは何も悪いことはしていない。 「雇用促進住宅」 の建物は、もともと古い建物だったのに6年8ヵ月で更に古くなり、それで家賃を払えとは納得がいかない。 "  ・・・というのが支払い拒否の理由のようです。

原発事故はこのような問題でも尾を引いています。

ツアー最終日は11月22日でした。  しかし小生は、仙台空港発、25日の午後の便の航空券を購入しました。  23、24日は、公共の交通機関とタクシーを利用して、福島県の浜通りと呼ばれる地区へ行き、復興状態を見たり、そこで生活している人たちに接し、直接お話を聞きたいと思ったのです。

23日の朝、目が覚めると疲労を感じ、身体は重く鉛のようでした。  この日は福島駅西口から運行している南相馬行の高速バスで川俣町、飯館村を経由して、南相馬へ行き、その後、JR常磐線で浪江町へ行くつもりでした。

DSCN0809.JPG高速バスの乗場まで行きましたが疲労は相当なものでした。  " 身体がぶっ壊れるな。 " と思ったら急に怖くなり ホテルに引き返してベッドに横になりました。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8775

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)