<福島 米沢間の公園付近に大量の放射能汚染物>

2017年12月03日

「NPO法人 青いそら」 、「ヘルパーステーション おはよう」 、 「地域活動支援センター 小麦の家」 の理事長・管理者の佐藤幸子さん、岐阜からお見えになった浜澤あや子さん、 「白鳥おばさん」 の渡辺孝子さんらと、温かさに包まれたコンサートを行なった翌日、山形県米沢市の 「万世コミュニティセンター」 で、大人と子ども合わせて15名ぐらいの小さなコンサートを行いました。

DSC_0572_20171122194643.jpg「万世コミュニティセンター」 では、毎週水曜日に避難者のために交流会を行なっているそうです。

DSCN0789.JPG

会場の脇には今も東北の復興を願う人たちの思いが。

DSCN0788.JPG

この日、朝8:00に 「NPO法人 青空保育たけの子 代表」 、辺見妙子さんがホテルに迎えに来てくださいました。  米沢市に向かう途中、公園の近くにある白色の大きなフェンスを見て驚きました。  フェンスの向こう側は見えないのですが、あるのは放射能汚染物が入ったフレコンバッグの山だそうです。   勿論、立入禁止になっています。

DSCN0782.JPG小生は、背筋が寒くなる思いでした。  空地の手前には公園があり、子どもの遊び場になっているのですから。

DSCN0781.JPG

そして米沢からの帰り。  " 時間があるから信夫山にご案内します。  ひどいですよ。 "  と、辺見さん。   山の麓には、「福島検察庁」 と 「ハローワーク」 がありました。  まずそこでびっくり!

つづく。

●●● 昨日(12月2日) の午後、帯広市緑丘小学校体育館で行われた大震災復興支援チャリティ(378) で、82名の参加者から、¥17,354~を 「じいたん子ども基金」 にお預かりしました。  帯広の皆さまのご厚情に心より感謝申し上げます。  ありがとうございました。

20171202_140227.jpg● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8772

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)