<ダライラマ法王に直接差し上げたこけし>

2017年12月02日

11月21日に福島市音楽堂小ホールで行われた大震災復興支援チャリティ(376) は、人々の温かさに囲まれてチェロを弾くことが出来、思い出に残るコンサートの一つとなりました。

主催して下さったNPO法人 「青いそら」 の佐藤幸子さんは、音楽堂小ホールの練習室を、朝9時から使えるようにして下さっただけでなく、練習が終わる昼食時には、発泡スチロールの大きな保冷(温)箱を両手で抱えるようにして音楽堂に来られました。  ご自分の車で運んで下さったのでしょう。  中には温かなご飯と、袋に入れたカレーが入っていました。

温かな手料理を食べさせてあげたいというお気持ちがたまらなく嬉しく、胸が熱くなりました。

「白鳥おばさん」 と呼ばれている、白鳥と出逢って25年、白鳥大好きな 渡辺孝子さんにもお会いしました。   

DSCN0925.JPG

自然界の撮影は相当な腕前です。  

DSCN0927.JPG差し出された箱を開けると、ユニークなこけしとメッセージが。 

DSCN0923.JPG" 土田様、楽しみにしていました。  こけしは私の大好きな <よろこんで> の こけしで、石巻でダライラマ法王様に直接差し上げたこけしです。 " 

DSCN0921.JPG

赤ちゃんのような満面の笑み。   よろこんで、只よろこんで、よろこんで。

DSCN0928.JPG佐藤幸子さんは、ヘルパーステーションや地域活動支援センターの理事長・管理者でもあります。  ご来場くださった方々のなかには、車椅子の方も数名おられました。  最後は岐阜からのお客さま、浜澤あや子さん、白鳥おばさんの渡辺孝子さんらと障がいのある方たちと仲良く楽しく記念撮影を行い、お開きになりました。  

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8766

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)