東日本大震災復興支援チャリティ (376) <岐阜からご来場下さったご婦人>

2017年11月29日

失敗しました。  11月20日、都路から福島へ移動途中、郡山駅前に飾り付けられたイルミネーションの素晴らしい景観と、翌日の福島市音楽堂の外観や会場内の写真を撮影したのですが、SDカードをパソコンに差し込んだままで、カメラに挿入するのを忘れていたのです。   

これではパソコンに送れません。  がっかりしましたが、21日に福島市音楽堂小ホールで行われた大震災復興支援チャリティ(376)の日は嬉しいことがあり、ハッピーな一日となりました。

DSCN0936.JPG

(376) は、主催、「NPO法人 青いそら」、後援、同じくNPO法人の 「青空保育たけの子」 と、「子どものいのちを守る会・ふくしま」 で行われましたが、 「青いそら」 理事長の佐藤幸子さんとは初対面でした。  皆さんは、原発事故により心配される子どもたちの健康を守るため、先を見据えた活動を続けておられます。

コンサートの開演は13:30からでしたが、佐藤幸子さんは小生の練習のために、9時から音楽堂の練習室が使えるようにしてくださいました。  本番前の演奏家の心情を気遣う、心の行き届く素晴らしい方です。   

DSCN0940.JPG

この日、岐阜県可児市からお客さまがお見えになりました。  浜澤あや子さんです。  浜澤さんは、2014年に小生が可児市の文化センターで大震災復興支援チャリティを行なった時 お世話になったご婦人で、翌日の愛知県犬山市でのコンサートにも来て下さいました。

岐阜からはお一人で来られたようですが、福島のご出身の彼女は、お友達と10人でご来場くださり、最前列で聴いておられました。  

つづく。

✩✩ 明日は 「じいたん子ども基金 収支報告 11月分」 の日です。  続きは明後日からお伝えします。

8295.jpg● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8762

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)