<都路の みやこ旅館>

2017年11月23日

11月18日。  到着した郡山駅には、田村市復興応援隊の荒井雅美さんが出迎えてくださいました。  6月以来、5ヵ月ぶりの再会でした。

山間の道を都路に向かいましたが周囲は田んぼばかりで、所々に農家が点在していました。  途中、翌日のコンサート会場、 「グリーンパーク都路」 に下見に立ち寄りました。  山の中腹にある大自然の景観を生かしたリゾート施設で、会場となるスペースは音響がよさそうで安心しました。

そこから10分ほど走り 「みやこ旅館」 に到着。  

DSC_0650_R.JPGオーナーの吉田さんが歓迎してくださいました。  楽しみはなんと言っても吉田さんの料理とお話。  

DSC_0639_R.JPG都路は原発から20km。  20km地点にバリケードが張られて、その内と外で補償内容が違ったそう。  事故で避難指示が出され町には人が一人もいなくなりました。

吉田さんは、わずか2ヵ月後、避難指示を無視して、たった一人で町に戻りました。  出迎えてくれたのは猪と、飼い主に見捨てられた やせ細った牛。  彼は声を詰まらせて話してくれました。  全国各地では、福島で起きたこと、その後のことを 「対岸の火事」 のように思っている人が多いのではないでしょうか。    

最初の料理は6月に訪れた時と同じ、イワナの塩串炭火焼きです。  この付近の川は、魚が放射能汚染しているのが心配なので、イワナは近くの養殖場で育ったイワナです。  誰もイワナ釣りをしなくなったので、イワナがうじゃうじゃ増えたのでしょうか。  たまに釣り好きが糸を垂れると即座に食いつくそうです。

8574.JPG

つづく。

●●● 昨日 (11月22日) 米沢市の 「万世コミュニティセンター」 行われたコンサートで、主催者が交通費、宿泊費として、¥9,000~を ご負担くださいました。   また、18日、19日の 「みやこ旅館」 の宿泊費ですが、小生の支払額は、¥7,000~のみで、ほかは荒井雅美さんがご負担くださいました。   ありがとうございました。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

  

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8743

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)