今月の支援 2 <いわき放射能市民測定室 " たらちね " へ>

2017年11月14日

今月の支援(2) は、「認定NPO法人 いわき放射能市民測定室 " たらちね " 」 へ、¥100,000~を支援させて頂きました。

DSCN0654.JPG& 振込み手数料の関係で、一旦自分の口座から振り込みました。

<最近のたらちね通信より>

DSCN0500.JPG

" たらちね "  は、今年6月に開設されたクリニックの医師1人と看護師さんお2人を含め、総勢14人のスタッフがおられますが、支援をさせて頂くと、毎回スタッフの方々が代わる代わる嬉しい自筆のお手紙を下さいます。

今回は、広報の飯田 亜由美さんからのお便りを頂きました。   その1部をご紹介しますね。

「・・・前略・・・  ブログで英順さんのチャリティ コンサートの活動や、素敵な笑顔 (片手にお酒) を拝見して、私たちスタッフは元気を頂いております。」

「測定事業では季節ならではの栗や新米の測定依頼がありますが、まだ汚染の高いものもあり、放射能汚染は現在進行形であることを痛感しています。」

「目に見えないものだからこそ " 測り続ける " ことが子どもたちを守ることへ繋がっていくと思います。 ・・・後略・・・」

& たらちね主催の東日本大震災復興支援チャリティ (357) 、2017年6月17日、いわき文化センター大ホール、終演後の受付付近。

2W4A2294.JPG

✩✩ 飯田さんへ。  <短いお言葉の中で大切なことをおっしゃっていますね。  【✭ 放射能汚染は現在進行形・・・  測り続けることが子どもたちを守ること・・・】 > 

<多くの人々に知ってほしいと思い1部を記載させていただきました。  尊いお仕事、応援しています。     コンサートで音楽の合間にする話や、ブログで皆さまの活動を伝えていきます。  いつもいろいろ教えてくださってありがとうございます。   福島の現状が対岸の火事にならないよう自分を戒めています。>

2W4A2298.JPG● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8710

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)