<80歳と80歳が30年ぶりの再会>

2017年11月08日

10月21日に札幌市手稲区の 「玄米ごはん・カフェ・JoJo」 で行われた大震災復興支援チャリティ (372) 。   小生は本番45分ぐらい前に会場入りしました。

DSCN0577.JPG一人のご婦人が笑みを浮かべて懐かしそうに近づいて来ました。  はて?  お会いしたことがあるお方なのですが・・・ん?  どなただったかな。  最近、よくこういう事があり失礼してしまいます。

「稲田です。」   あっ!  小生がまだ札幌交響楽団でチェロを弾いていた頃、釧路にお住いだった稲田幾子さんは、お仲間の渡辺さん、看護師さんだった文子さんらと 「エルデの会」 というファンクラブのような会を結成し、年に1~2回お声をかけて下さりコンサートを開催してくださいました。

4~5年続いたでしょうか。  稲田さんは仕事の関係で、お住まいを東京に移すことになり、リーダーがいなくなった 「エルデの会」 は解散することになりました。

8469.jpg話は一気に飛びますが、彼女は運営していた老人ホームの仕事を終え、北海道へ戻って来られましたが、以前お住いだった釧路ではなく、札幌市内に居を構えました。   その稲田さんが小生のブログ 「ボストンバッグにチェロと酒」 の 「今後のスケジュール」 を見て JoJo へ来て下さったのです。   先日お手紙が届きました。

" 30年ぶりの再会。  お互いに80歳。  元気でお会い出来たこと幸せでした。 "   " 私のマンションの前に有料老人ホームがあり、そのホールを会場にチャリティを企画したい・・・ "   " 想念が発売になるそう。  とりあえず5枚購入させて頂きます。 "

80歳同士が30年ぶりに元気で再会し、東日本大震災復興支援チャリティで協力し合う。  あまりないことかも知れませんね。

8483.jpg●●● 追加制作を依頼していた小生唯一の作品、「想念」 が収録されている 「デビュー45周年記念 土田英順チェロリサイタル」 のCDが東京の制作会社から届きました。

<販売方法>: 小生が出演するコンサート会場の受付と、鳥居はゆきさんの店、「Lakura」 で販売致します。 (札幌市中央区南4条西9丁目1009-3   011-563-1180)    (Lakura での販売は今週末から)

DSCN0528,.JPG小生のコンサートは10月6日投稿の、「今後のコンサートスケジュール」 をご参照ください。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8696

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)