<報われた苦労>

2017年11月02日

BS ハイビジョン90分番組、 「土門拳の世界を奏でる7人のアーティスト」 で、難産でしたが誕生した小生唯一の作品、 「想念」 。   

土門拳は山形県酒田市出身です。   出演した7人のアーティストのうち4人が、NHK 大阪ホールのバックスクリーンに写された仏像の写真をバックに演奏している映像を、山形県酒田市にある土門拳の記念館のロビーで放映することになり、小生の映像も選ばれました。   

2002年に収録された映像ですから、今も記念館で流れているかどうかは知りません。   

8455.jpg土門拳の作品についての講話で柳田国男さんも参加されたこの番組は好評で、再放送され、関西地区では総合テレビでも放映されたそうです。   ギャラは演奏料、作曲料のほか、テレビの再放送料、酒田市の記念館で流れる再使用料も支払われました。

小生は長年にわたりチェロを弾いてメシを食っている人間ですから作曲はシロウトです。   しかし、ギャラの明細を見て驚きました。   演奏料より作曲料の方が高額だったのです。  

たった5分の音楽を作るのに、室生寺へ行ったり、飛行機の中で浮かんだメロディを書き留めたり、ずいぶんと苦労をしましたが、よい作品と認められ報われた気がしました。  よい仕事をするためには、あきらめずに努力を続けることが大切であると、改めて教えられました。

つづく。

8200.jpg● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8678

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)