<ディレクターは上機嫌>

2017年11月01日

NHK きんきメディアプラン制作の BSハイビジョン90分番組、 「土門拳の世界を奏でる7人のアーティスト」 の公開収録の前日、NHK大阪ホールでリハーサルがありました。

小生は、番組のディレクター、井上さんのご要望に沿った音楽を作ることが出来たかどうか不安でしたが、作曲はシロウトなのだし、自分の能力ではこんなもんだ・・・  と開き直ったような気分でもありました。

リハーサルの日、小生は控室で練習していると、井上さんが 「どれどれ、聴かせてもらおうか」 と部屋に入ってきました。

弾き終ると、「おぅ、なかなかいいね。  でも、想念という曲名はちょっと硬かったかな。」  何を今更。  井上さんが自分で決めたのに。

8453.jpgさて、翌日は本番。   アーティスト7人のうちクラシック音楽の演奏家は千住真理子さん、羽田健太郎さんと小生です。  お二人は前日のリハーサルをやらず、本番当日に東京から新幹線で NHK 大阪ホールへ乗り込み、本番が終わったら最終の新幹線で帰ってしまいました。  何とあわただしい人たち。   しかも羽田さんは、翌日横浜でコンサートだそうです。

千住さんが弾いたのは自作品ではなく、5~6分に短縮したバッハの名曲シャコンヌでした。   " 私、仏像の写真を見たらバッハ以外には考えられなかったんだもん。 "   と、ケロリとしていました。   

羽田さんは、ディレクターの要望とはかけ離れた何が何だかわからないような超現代風な音楽を、解説しながら弾いていました。   小生は、控室のモニター画面でそれを見ていましたが、さっぱりわかりませんでした。

結局、ディレクターの井上さんのご要望にお応えしたのは小生だけ。  " 室生寺へ行ったらヒツジとヘビがいなかった "  と言ったら彼は爆笑し、" 英順さん、今夜は二人で飲もう! " と、上機嫌でした。

時間を忘れて飲み、彼は終電に乗り遅れてホテルに泊まりました。

つづく。   

8409.jpg● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8671

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)