<湧いてきたメロディ>

2017年10月30日

北海道から奈良県室生寺へ。  遠路はるばる 「未神像」 に会うため訪れましたが、ヒツジ君は室生寺から貸し出されて神戸の博物館へ。   見事にすっぽかされてしまいました。   

万事休す!   放心状態でした。  何もする気にならず、境内の茶店のベンチに腰掛けてボンヤリしていましたが、<お客さん!>  振り向くと、白いエプロン姿のご婦人が微笑んでいました。

8452.jpg彼女に一部始終を話すと、気の毒がってお茶を入れてくださいました。   <ヒツジがいるかどうか電話で確かめてから来ればよかったのにねぇ。>   それは自分でもそう思っていて、間抜けでおっちょこちょいの自分に腹が立って仕方がありませんでした。

お茶をおかわりし串団子を買いましたが、これでは北海道から室生寺まで団子を食べるために来たようなものでした。

でも不思議ですね。  関西空港から機中の人となり、ぼんやりと室生寺の金堂の仏像彫刻を思い浮かべていると、メロディが湧いてきたのです。   メロディは少しずつ続き、頭の中で8小節のイントロダクションと、12小節のワンフレーズが出来ました。      

" 調性はハ短調がいいだろう。  低音をフルに響かせ深みのある感じが出せる。  仏像のイメージを表現するにはこの調性がよさそうだ。 "

8466.jpgせっかく湧いてきたメロディだ。   頭から抜けてしまったら一大事!   金も時間もかかっているのだから。   小生はメモ用紙を取り出して五線紙を作り、メロディを書き留めました。

つづく。

& 明日は 「じいたん子ども基金 収支報告 10月分」 の日です。  続きは明後日に更新させて頂きますのでご了承ください。

●●● 昨日 (10月29日) 、石狩市民図書館エントラスホールで大震災復興支援チャリティ(374) が行われ、募金、¥57,654~をお預かりし、

DSCN0640.JPG札幌市中央区の菊地さんご夫妻から郵便ポスト貯金箱のお金を 「じいたん子ども基金」 にお預かりしました。 

(貯金箱を銀行の窓口に持って行って機械で計算してもらい、金額は明日の収支報告でご報告させて頂きます。)

ほか、国際ソロプチミスト石狩・会長の佐藤聡美さんから、¥10,000~を 「活動費」 に・・・ ¥5,000~を 「お飲み物代」 に・・・   

DSCN0644.JPG国際ソロプチミスト札幌の國田裕子さんから、¥30,000~を 「国際ソロプチミスト日本・千嘉代子賞受賞祝」 に・・・ (活動費に使わせていただきます。)    札幌市の菊地さんご夫妻から、¥2,000~を、「命の水」 用として お預かりしました。

DSCN0642.JPG✩✩✩  募金は 「じいたん子ども基金」 に入金し、 「活動費」 は支援活動時の交通費 (航空券、JRチケット、タクシーなど) と、宿泊費に・・・  「お飲み物代」 「命の水用」 「ビール代支援」 は、活動中の食事代に使わせて頂いています。

皆さまのご支援、ご厚情のおかげでこの活動を続けていくことができます。   心よりお礼申し上げます。   ありがとうございました。    

8408,.jpg● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8663

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)