<再び子ども食堂へ・・45分間 に来店者12人>

2017年10月13日

昨夕(10月12日)、札幌市中央区のラーメン屋さん、 「札幌軒」 が毎週木曜日に子どものために開いている 「子ども食堂」 へ行きました。  店には18:00頃着きましたがすでに日が暮れて暗くなっていました。

もちろん店内は明るいのですが、ガラス戸の外にある 「ラーメン提灯」 の灯は消し、のれんはおろして店内に入れてあり、一般向け営業は終了していました。

DSCN0540.JPG

DSCN0539.JPG店内に入ると、「子ども食堂」 を切り盛りしている店主の娘さんがテキパキ働いていて、ビールをお願いすると、「手羽先の煮物」と、「馬のホルモン」をつまみに持ってきてくれました。

食事をしていたのは若いお母さんと幼い女の子一組だけ。  二人はテレビを見ながら静かに食事をしていましたが、しばらくすると、男の子と女の子を連れたお母さんが来て別のテーブル席につきました。   そして、程なく母子二人が来店し、店内は賑やかになってきました。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8613

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)