<子ども食堂>

2017年10月07日

本日の夕方、札幌市中央区の 「狸小路」 を西に向かい、アーケードがなくなって2丁ぐらい行ったところにある 「子ども食堂」へ行ってきました。  食堂と言っても小さなラーメン屋さんです。  店の名は 「札幌軒」 。  

DSCN0503.JPGこの店は、毎週、木曜日の16:00時~19:00時までの間、貧しい子どもたちを呼んで、栄養たっぷりな食事を無料で食べさせています。

昨年、このラーメン屋さんの近くで、服屋とカフェ 「Lakura」 を経営している鳥居はゆきさんが、毎月貧しい子どもたちのために、お金をこの店に届けていることを知りました。  

女手一つで、高校生2人、中学生1人を育てている彼女が行なっているこの行為に、小生は心を打たれました。

小生は、1万円を5回分として彼女の口座に振り込み、毎月 「札幌軒」 に届けてもらっていましたが、食堂には子どもが何人ぐらい来ているのか、どんな子どもたちなのか会いたくなり、一昨日、子どもたちが集まる木曜日の夕方、練習が終わった後、 「札幌軒」 に向かいました。   しかし、練習後の疲労は相当なものでしたので、トシには勝てず途中で家に引き返してしまったのです。

今日、店に着いたのは16:30頃。  店は閉まっていました。  外から見る店内は暗く、どうしたものか思案していましたが・・・

DSCN0504.JPGつづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8590

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)