大震災チャリティ (370-3) <伴奏を申し出たご婦人>

2017年10月05日

9月22日に行われた大震災チャリティ(370) は、登別市で様々なイベントが行われる 「カルチャー ナイト」 の一つとして開催されました。       チェロ コンサートの前はファッションショーをやっていたので小生のいる場所がなく、散歩に出かけました。  会場に戻ってからはチョロっと指先の感触を確かめただけでブッツケ本番でやってしまいました。

DSCN0465.JPG

小生の出演は18:30から60分。  演奏を終え、会場をあとにしようとしていると ご婦人に呼び止められ、小生の伴奏をしたいとお申し出がありました。  お話を伺うと伴奏の経験はないそうなので、1~2度合わせただけではうまくいかないでしょうし、札幌、登別間を行ったり来たりして何度も合わせることは無理なことです。  説明して丁重にお断りすると、納得してくださいました。

昨年から今年にかけて、俱知安町の小中学生、別海町の中学生と4回共演していることをブログで読まれたのか、どなたか からそのことを聞かれたのか、子どもでも出来るのだから・・と思われたのかもしれません。  しかし、伴奏はソロと違った難しさがあり簡単ではありません。

第2部はギターの弾き語りでしたので、お先に失礼し、特急列車が停車する登別駅までタクシーで行って、20:23発の特急列車で帰宅しました。

8406.jpg● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8581

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)