富良野子ども保養キャンプ 2 <感謝のメッセージ>

2017年09月06日

全国各地に200ヵ所以上ある福島の子どもたちための保養キャンプ。  この保養キャンプに福島県や、他県の避難先から被災者を招待することついて、福島県にお住いの皆さま方に様々なお考え、保養不要論もあることは、保養キャンプに来道したお母さんたちとの交流会でお話を伺い知っていました。

「保養キャンプに反対されるので、人には言わずに参加している」  「いつまでも甘えているから復興が遅れる・・と言われる」 このようなお話をされるお母さんもいらっしゃいました。

福島県内でも、地域によって原発事故の影響が同じではありませんから、様々なお考えがあるのは仕方がないことなのかもしれません。

さて、 「ふらのチャリテイウォーク」 の皆さまは、この夏初の試みとして保養キャンプを行いました。  小生は、参加する8人の子どもたちに 「じいたん子ども基金」 から色鉛筆とスケッチブックを贈りました。 (直前に1人キャンセルして7人になりました)

9泊10日の保養キャンプが終了した数日後、事務局の吉田うららさんが、子どもたちとお母さんたちが書いてくれたメッセージを送ってくださいました。

DSCN0360.JPG

DSCN0359.JPG

DSCN0354.JPGつづく。  

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8477

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)