セロ弾きのゴーシュ 7 <お客さまの声 2>

2017年08月10日

2013年8月、633人の方が津波の犠牲になった宮城県の海岸で追悼の演奏をした時、夕闇迫る空の彼方から女性の歌声が聞こえてきた話を傘寿記念のコンサートの中で話をしたところ、それに対するお声も寄せられました。

✩ すごく楽しくて、人形の動きもすてきでした。  生演奏での人形劇もすてきですね、本当によかったです。  人が芝居するのと、人形劇で演ずるちがいもまた良いものだなと思いました。      写真は、数年前の公演から。

892.jpg英順さんの話、私は信じます。  息子は演奏中 (アベマリアやG線上のアリアの時) 上をみていました。  誰か来ていたのでしょう。  息子は英順さんのCDが大好きで、今日は本当に来ることができて良かったです。
障害があるので、なかなか生で聴けないので貴重な時間でした。(23歳)

☆ 土田さんの生の演奏での劇は、すばらしい。  この劇は、生だからこそできる作品だと感じました。   

4190.JPG夕焼け空から聞こえてきた唄声を、集まった霊の話を、私は信じます。  人知を超えたものを、この年令になると信じられるようになりました。(63歳) 

4198.JPG

☆ 英順さんのチェロと人形が、まるで一体のようで感激しました。  人形の表情がゆたかで、楽しく見ることができました。  

4195.JPGチェロにまつわるお話も、私は信じます。  チェロの音は人をいやしてくれる音があり、心に残りました。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

8360.jpg● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表  土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8364

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)