セロ弾きのゴーシュ 4 <不器用同士>

2017年08月07日

不器用なゴーシュは楽長(指揮者)に怒られ、小生もチェロのレッスンではよく怒られました。  恩師、鈴木 聰先生は温厚な方でしたのに、ある時、レッスンで弾き始めて1~2分すると、「もういい! 帰りなさい!  練習してから来なさい!」 と、追い返されたこともありました。

練習を積んでレッスンに行っても、弾く時に気持ちが先走ってしまい、力んでしまう癖がなかなか直らなかったのです。

さて、ゴーシュですが、練習に練習を重ね楽団一の名手になりました。  

4184.JPG小生の方は、傘寿を迎えた今も演奏の機会を頂いているのですが、それは両親が丈夫な身体にしてくれたのと、練習を重ねてきた賜だと思っています。

4196.JPGそれにしても・・・  ゴーシュが楽長に怒鳴られた時、<みんなは気の毒そうにして、わざと自分の譜をのぞき込んだり、自分の楽器をはじいて見たりしています。> ・・・  確かに。  そんな感じになるでしょう。   宮沢賢治にはどうしてそれがわかるのでしょう。  その場にいたかのように表現することは凄いことだと思います。

つづく。  

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

8357.jpg● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8351

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)