北海道内チャリティ ツアー 11 <巨大チョウザメ >

2017年08月01日

& 「北海道内チャリティツアー」 を再開します。

7月2日の夜、別海町中春別中学校で大震災チャリティ(362) が行われた翌朝、菊池勝祀さん、法子さんご夫妻がホテルに迎えに来てくださいました。  この日は、13:30~から中標津町の 「残日舎」 で (363) が。  19:00~からは標津町の 「喫茶リーフ」 で (364) が行われました。

法子夫人は運転免許更新に行かれ、コンサートの前でしたが菊池さんは、知床世界自然遺産の玄関口、 「標津サーモン科学館」 へ連れていってくださいました。   

DSCN0065.JPGここでしか体験出来ない感動があるそうです。  

DSCN0107.JPG科学館に到着。  館内の入口の脇にあったのは、2mを超える巨大チョウザメ数匹が悠々と泳ぐ貯水槽でした。

8642.jpg

餌の魚を与えると、腕までかぶりつきます。  えっ! 腕も食べられちゃうの?

8641.jpg

いえ、腕は大丈夫です。  チョウザメは歯がないので餌を丸飲みにするそうです。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

8339.jpg● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8307

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)