福島演奏旅行 22 <樹齢推定千年超の滝桜>

2017年07月12日

昼食の時間になり、「田村市復興応援隊」 の荒井さんは、ほとんど豆腐料理だけのめずらしい 「TOーFU Cafe」へ連れていってくださいました。  コロッケも、カツ丼も、豆腐で作ります。  味も結構な味で、店内は人で一杯でした。

8560.jpg

この日、最後にご案内くださったのは、国の天然記念物、「 日本三大桜」 の一つ、「三春滝桜」 。   なんと 樹齢1,000年以上のベニシダレザクラです。  

開花の季節になると、地面に触れるほどに足れた枝に、薄紅色の可憐な花を無数に咲かせ、その姿はまさに流れ落ちる滝のように見えることから滝桜と呼ばれていますが、三春町は梅、桜、桃が一斉に咲き競い、3つの春が同時に訪れることから、「三春」 と名付けられたそうです。

8610.JPG

荒井さんとは再会を約束し、JR磐越東線の 「三春駅」 で別れ、阿部さんの車で福島へ戻りました。

10回目となった今回の被災地訪問。  新しい出会いがあり、原発事故によって被災した地域は、復興への道のりが険しいことをあらためて思い知らされました。  

事故後、全員が避難した葛尾村。  現在、帰村者は村民の11%。  150人が戻ってきた村の小学校には生徒が8人。  中学校にも8人。  幼稚園にも8人。  これは、葛尾村役場の総務課長、松本さんに聞いたお話です。     この子どもたちにチェロを持って会いに行きたいです。

「福島演奏旅行」  おわり。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

8303.jpg● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8220

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)