今月の支援 (1) <福島県伊達市・小国小学校の子どもたちへ>

2017年06月07日

今月の支援(1) は、「福島県伊達市霊山町小国小学校の子どもたちへ」 下記のプレゼントをさせて頂きました。

① 1年生2名に 「トンボハーモニカ 3121C」 数量2。  ¥9,288~ (振込手数料、¥108~)

8420.jpg

8421.jpg② 1~6年生全員21名に 「スケッチブック S313」 数量 21。  ¥15,876~(値引 ¥3,175~)

8441.jpg

③ 5~6年生8名に 「ぺんでるえのぐ 18色」 数量 8。  ¥15,552~(値引 ¥3,110~)   

8440.jpg

④ 5~6年生8名に 「パレット18」 数量 8。  ¥3,456~(値引¥691~)

8442.jpg⑤ 1~4年生13名に 「色えんぴつ 24色」 数量 13。  ¥22,464~(値引¥4,492~) 

8443.jpg& 福島第1原発から約55km離れた山あいにある、自然豊かな美しい集落、伊達市霊山町小国地区。  小国小学校には原発事故が起きる前は70名の子どもたちがいました。

しかし、昨年4月、小生が初めてこの小学校を訪れた時は、23名になっていました。  校長先生のご要望で学校にキーボード1台を贈り、音楽室でコンサートが終えた後、子どもたち全員にハーモニカをプレゼントしました。

子どもたちは嬉しそうでしたが、同じ被災地の福島市内の小学校や保育園、大船渡市の盛小学校、 (写真左上: 腕組みをしている方は、被災してボロボロになったチェロを見つけた 簡 善三郎さん)

009.JPG同、三陸町の越喜来小学校、保育園や学童保育所 (写真下) の子どもたち、

057.JPG大崎市 古川の小学校の子どもたちと比べると、小国の子は みんなどこか寂しげで、おとなしいのがずっと気になっていました。  

つづく。  

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/8078

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)