<あなたを忘れない こころをむすぶコンサート>

2017年05月14日

宮城県大崎市古川で、初めて小生のチャリティ・コンサートが行なわれたのは、2013年でした。   大崎コミュニティ カレッジ (コミカレ) が主催して下さり、弘法寺で行われました。

それ以来、古川で行われるコミカレ主催の大震災チャリティは、『東日本大震災復興支援 あなたを忘れない こころをむすぶコンサート』 のタイトルで続けてくださいました。

《あなたを忘れない》 の 《あなた》 は、小生が2012年9月に譲り受けてからずっと使わせていただいているチェロの持ち主、舩渡洋子さんのことです。

震災で帰らぬ人となった舩渡さんのチェロは、F 字孔から内部を覗くと、" OSKAR GUTTER " と、製作者名が記載されていますが、製作年がありません。  文献で調べてみると、1900年代の中頃に作られたと推定されるドイツ製のチェロです。  

津波に壊されたこのチェロは修理・調整を重ねましたが、なかなか音は鳴り響いてくれませんでした。  しかし、辛抱しながら弾き込みを続けているうちに見事に甦ったのです。

4月29日、第349回 東日本大震災復興支援チャリティ・コンサートの会場、吉野作造記念館の客席の最前列には、舩渡洋子さんの姪御さん、舩渡順子さんと、順子さんのお母さん、佳子さんのお姿がありました。

DSC01021.JPGつづく。

●●● 昨日(13日)、富良野市内の " あかなら" で、大震災復興支援チャリテイ・コンサート(351)が行われ、募金、¥41,940~を 「じいたん子ども基金に」・・  お客さんから、¥1,000~を活動費にお預かりしました。  皆様のご厚情に心より感謝申し上げます。  ありがとうございました。

8237.JPG● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7976

コメント

英順さん、昨日のチャリティコンサートありがとうございました。
沢山の方々と笑顔でお話しされる英順さんに、またまた元気を頂きました。

お疲れをためないように美味しいものと、美味しいお酒で

癒されて下さいね。

6月も素敵な音楽に会えるのを楽しみにしてます。

ekoさん、きのうは、お久しぶりにお会いできましたね。  旭川から富良野までありがとうございました。 来月も東川町でお会い出来そうですね。 その前に福島旅行です。 頑張らないとね。 あっ、いつも頑張っているか。(笑)    

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)