チャリティ (346-7) <心打たれた南幌チャリティ>

2017年04月09日

チャリティ(346)の打ち上げでは、福島県双葉郡大熊町から南幌町に避難して来られた、片山勝一さんにお目にかかりました。   片山さんは、南幌町元町の国道337号沿いに、「カフェ・お食事の店、KURUMI 来未」 を開き、新生活を始めました。

大熊町のご自宅は住める状態ではなく、荒れたままにしておくしかないそうです。  避難者の お立場から、たくさんのお話を聞かせて頂きました。  「じいたん子ども基金」 に、ご寄付も。

心打たれることが次々と。  終演後、募金箱を持ち、お客さんに募金をお願いする中学生。  子どもたちのこれからを案じ、支援活動を続ける 「なおこBAND」 。  避難者からの ご寄付。 

「なんぽろキャンプ 2016 実施報告書」 を拝読すると、スタッフが福島の子どもたちの将来を案じるお気持ち、また、募金やご寄付を下さる支援者の皆さん一人ひとりに対する感謝のお気持ちが伝わり、その報告書にはスタッフの方々の誠実さが にじみ出ています。  

南幌町の皆さん、感動をありがとうございました。  またお伺いします。  また支援させて頂きます。

チャリティ(346)  おわり。  

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

6654.jpg● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7801

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)