<北海道テレビの大震災チャリテイ・イベント>

2017年03月14日

和歌山県橋本市での大震災復興支援チャリティ(342)が終わって帰札しましたが、休む間もありませんでした。 

3月11日に札幌駅前地下歩行空間で行われたHTB(北海道テレビ)主催のチャリティ・イベントでは、チェロ・コンサートのほか、アナウンサーたちの朗読とチェロのコラボレーションもありましたから、そのリハーサルを8日と9日にHTBのスタジオで行ないました。

7886.jpgアナウンサーたちが熟慮を重ねて選んだ絵本は、原田 剛 作の 「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」 で、今から約30年前に、徳島県阿波市土成町で本当にあったお話です。

白血病で自身の余命を知った母は、小学生の息子がたくましい人間に育ち、自力で生きていけるように、心を鬼にしてナスビ売りをさせるお話です。

7835.jpg小生は、このお話に、どんな音楽が合うのか、和歌山のチャリティに出演するために搭乗した札幌⇔関西空港の往復の機内で何度も絵本を読み返しました。

わが子の将来のために、心の中では泣きながら、鬼のように厳しく子に接する母の思い。  辛いお話の中には、子を思う母の深い愛が感じられます。  小生は、次々と浮かぶ楽曲の中から、バッハのG線上のアリアを選びました。

つづく。

● 東日本大震災復興支援のために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

7240.jpg● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/7706

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)