<壮瞥町 ばんけい温泉 湯人家 (ゆのとや)で一息>

2014年03月19日

3月15日の18:00から、壮瞥町役場の隣にある、山美湖ホールでチェロ・コンサートがありました。 「 じいたん、演奏が大事だから、ゆったりしたスケジュールを組みましょう。」 はっちゃんの提案で、前日の14日、練習を済ませてから夕方のJRで伊達紋別まで行き、その先は役場のコンサート担当者が、車で蟠溪温泉の宿まで送ってくださいました。

3018.jpg ばんけい温泉は、支笏・洞爺国立公園のまんなかにあり、長流川のたもと、四季折々の自然に包まれ、明治時代から真の落ち着きを持つ温泉として親しまれている湯どころだそうです。

3004.jpgレストランへ行くと、地元産の山菜、野菜、噴火湾でとれた魚貝類など趣いっぱいの田舎料理でもてなしてくれました。

温泉は熱めで、ぬる湯が好きな僕にはつらいですが、熱めのお湯がお好きな方にはゴキゲンなのでしょう。

つづく。

●● 昨日お伝えしました、3月16日に幌別町の、「いぶりたすけ愛」で行われた大震災チャリティ197の募金額に誤りがありましたので、以下のように訂正させていただきます。

# チケット収入、¥84、000~(¥1,000~×84名)、バザー売り上げの1部、¥3,146~、募金箱、¥20,656~、以前に集まっていた募金、¥1,255~、「いぶりたすけ愛」より寄付、¥50,000~、計、【¥159,057~】を、「じいたん子ども基金」にお預かりしました。

●● 3月14日、タナカ トヨさん、トキコさんから、¥10,000~・・同、ハヤシ ケイコさんから、¥2,000~・・同、イトウ ナオコさんから、¥3,000~・・17日、キシベ モモオさんから、¥20,000~を、「じいたん子ども基金」にお預かりしました。 皆様のご厚情に心より感謝申し上げます。 ありがとうございました。

● 被災地の子どもたちのために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660    ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、2012年12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。(2月分のみ3月7日に)   今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2270

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)