<旭川で " セロ弾きのゴーシュ ">

2014年01月08日

2660.jpg12月21日、網走発、札幌行きの電車内・・北見を過ぎたあたりで偶然お会いした、はっちゃんのお父さん・・僕と はっちゃんは、23日に旭川で行われた、市民文化会館自主事業、「子ども芸術劇場 夢探検 土田英順クリスマス・コンサート」に出演のため旭川下車・・お父さんの鳥居一頼さんは、そのまま札幌のご自宅へ戻られました。

23日の企画は子どものためのもの・・第1部は宮沢賢治作の、「セロ弾きのゴーシュ」を人形劇で・・僕は人形ゴーシュの生演奏役でした。ゴーシュを訪ねてくるネコ、カッコウ、子ダヌキ、ネズミの親子・・ゴーシュと動物たちの交流の様子をチェロの生演奏で支えました。

不器用でヘタクソで、音楽の表現に乏しく、使っているチェロもよくなく、楽団の中で一番ヘタだったゴーシュが、動物たちと交流を続けながら努力に努力を重ね、最後は楽団一の演奏者に成長するお話。子どもにも大人にもためになるお話です。

第2部は・・    つづく。

● 被災地の子どもたちのために、 2012年12月10日に、「じいたん子ども基金」を開設しました。

● 北洋銀行 札幌西支店 普通 5161660  ● 口座名 【東日本大震災支援 じいたん子ども基金】 代表 土田英順

● 基金の収支詳細は、12月31日(第1回報告)以後、毎月下旬にご報告しています。(2月分のみ3月7日に)   今後共、ご支援、よろしくお願い申し上げます。 

● 「今後のコンサート・スケジュール」は、2014年1月1日のブログでお知らせしています。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/1818

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)