線路は続く

2019年06月12日


DSC_0010.jpg

大学同期会で東京からRugby部仲間のN君、ニックネームGさんが来道した。

久し振りのことなので帯広で飲んだ後、札幌でいつもの在札有志OBが集まった。

中国のおばさんの家庭的な中華料理店で積もる話をし、予算に合わせてワインと料理を用意してくれるイタリア料理店で仕上がった。

「いゃ~この雰囲気の酒は美味い!」と何度も喜んでくれたのは"燗司"としては嬉しいことだった。

実質的な監督を置かず、学生による民主的な運営スタイルが今も同時代を戦ったOBの集まりに流れている。常連の上級生のFさん、Oさんの気さくな存在も大きい。

このブログを始めるきっかけとなった元・北海道新聞のE君が当方の掲載回数を挙げて、「続けてくださいよ。」と言ってくれた。

時々、記事についてメールをくれる高槻市のH君も帯広の同期会で同じ事を言ってくれた。

Rugby部同期のSとWはいつも「くどい。」だのナントカだの言うけれど、一応捜していたブログで続けることにした。今、7月1日開設に向けて工事をしている。

6年間続けた『道新ブログ』に感謝しつつ、線路を延ばしたい。

【写真】JR帯広駅 2019.6.6 朝 

    コンコースをよく見ると学生時代の旧駅のレールが残されている。

新しいブログのURL✧   

これからもご訪問していただければ幸いです。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10684

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)