対馬の和多都美神社で。

2019年05月08日

DSC_0124.jpg

対馬には海に由来する神社が多かった。島の中間地点の和多都美神社もその一つ。「わたつみ」とパソコンに打ち込むと「海神」と出てくる。

古事記に登場する海神の娘の豊玉姫を祀る海宮で、ここにも竜宮伝説が残されている。

5つの鳥居のうち2つは浅茅湾の入江の中にある。船でお参りする人が満潮の時にくぐるのだという。

自転車旅では近くの「神話の里公園キャンプ場」に泊まることにしていた。食材は「近くにスーパーがあります。」ということだったが何も無いままこの神社まで来てしまった。

鳥居の前の広場にいた家族連れの若き父親に聞くと「こちらの道に入らずもう少し先に行ったところです。」とのこと。結構、戻ることになるし、夕食前に烏帽子岳にも登りたい。

仕方が無い。携行のアルファ米と缶詰で済まそうとしたら、「今朝買ったものですから大丈夫ですよ。オニギリどうぞ。」と2個をいただいた。地元の人の親切に感謝する。

キャンプ場に着くと先客のシニアさんがいた。58才でうなぎ屋を畳んで車で全国を旅しているという。夕食に干物の魚を焼いてくれて味噌汁もご馳走になった。

アルファ米にオニギリ1個と乾燥野菜を加えておじやを作り、1個は翌日の朝食に残した。ウナギ屋のおやじさんの人生話が興味深かった。(つづく)

DSC_0127.jpg

     2019.4.8

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10603

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)