札響支援ボランティア "ピリッキー" の応援

2019年05月02日

釧路、根室の小島に生息する海鳥のエトピリカ。アイヌ語でEtupirkaくちばし(etu)が美しい(pirika)という意味があるという。

札幌交響楽団の公式キャラクターであり葉加瀬太郎の作曲による"Etupirka"はTVの「情熱大陸」のエンディングテーマ曲でも有名だ。

同じ名前の札響公認のボランティア団体がある。CDやグッズを販売し、その収益で札響の支援と青少年に音楽を普及する事業に取り組んでいる。

妻が行き始めて10年くらいが経つ。小学生から高校生までを対象とした通年の「ピリッキースクール(無料)」(10回のレクチャー付の定期演奏会)と小学3年生から高校生までを対象にした「ピリッキー青少年招待」(5回の名曲シリーズ)の活動を行っているが、最近、応募が減少気味とか。

空きが有りそうなのでご興味のある方は是非どうぞ。息子が南の九州で演奏の仕事をしているので他人事とは思えず、この欄でPRさせていただきました。ピリッキー会員も募集中!

 ★詳しくはHPをご覧ください。

★電話問い合わせ  011-520-1771 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10584

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)