帝京大10連覇成らず

2019年01月03日

ラグビー大学選手権で帝京大の10連覇なるか。注目して2日の準決勝中継を観た。結果は意外な差がついて天理大に敗れた。

帝京は立ち上がりに要のスタンドオフが脳震盪で交代というアクシデントもあったが、ボール支配が劣り、精彩が無かった。勝つことに疲れたような印象だった。

個人競技は別にして、連続で「10」という数字はなかなか無い。プロ野球の巨人、ラグビーの釜石、神戸製鋼。寸前で途絶えている。

クラッシック音楽で有名なのはベートーベン以降の作曲家のこと。"第九"のベートーベン然り。シューベルトもブルックナーもドボルザークも9番まで。

マーラーに至ってはジンクスを気にして第10番をわざわざ「大地の歌」と名付け、その後に第10番の作曲にとりかかったが第1楽章で終わった。

今後、帝京大の9連覇を超えるチームは出てくるだろうか。後世に語り継がれる平成の偉業となった。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10211

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)