「次の質問どうぞ。」

2018年12月13日

外務省のホームページを開いてみた。

河野太郎外務大臣の公式記者会見での「次の質問どうぞ。」は本当に酷い。

冒頭で「外交史料館所蔵資料の検索サービス」の利用を呼びかけ、「イギリスのEU離脱」、「アメリカ独自の北朝鮮制裁」、「来年度外務省予算」に関して準備された回答をしている。

ところが「日露関係」にテーマが移った途端、「次の質問どうぞ。」が4回連発された。共同通信社は別々の記者が質問している。それでも同じ回答だ。

この後、質疑は「ゴールデンウイークの10連休の体制」に移るが流石に再び記者から「公の場で適切ではないのでは。」と問われて「交渉の環境を整えたい。」との意味不明の回答をして会見は終了している。

 外交に関することをいちいちオープンに出来ないことは誰しも理解すると思うが、何故「次の質問どうぞ。」なのかの説明は交渉責任者として絶対必要だ。

安部政権を貫く『由らしむべし知らしむべからず』の姿勢ここに極まれりだ。既に水面下で相当追い込まれているのかもしれない。

ラヴロフ外相ばかりでなくプーチン大統領周辺からは役割分担しているが如く原則論が盛んに発信されている。このまま音なしであるならロシア側の発言を信用せざるを得ない状況だ。

「交渉の環境」とは何なのか。ジャーナリストの頑張りどころではないか。

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/10134

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)