as  well  as

2018年10月13日

先日、アメリカのペンス副大統領が、日米両国が歴史的なFTA交渉に入ることになったと発言した。9月26日の日米共同声明は英文が正文であるという。久しぶりに英語の辞書を引っ張り出した。

as  well  as

「ならびに、かつまた」とある。

共同声明の「3」は、

・・・・Trade Agreement on goods ,  as well as Key areas including services , that can produce early achievements . 

そのまま訳すと「物品貿易協定ならびにサービスを含む重要な分野」となる。FTA(包括的な2国間貿易協定)であることが明確だ。これは外交につきものの秘密メモでも何でもなく、オープンな共同声明だ。

隠蔽、改ざん、嘘をいとわない内政のモラルハザードに続いて外交も中学の英語力でバレる"異訳"で国民を騙すことをいとも簡単にやってしまっている。「気づかないうちにやっちまえ。」という悪質さを感じる。

今の政治に改めて驚き、恐ろしさを覚えるがメディアは単に"日米の溝"とスルーし、事態の深刻化を先送りしている。

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9908

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)