すぐ近くに来ていた松浦武四郎

2018年10月07日

住んでいる恵庭の街を東西に分けるように漁(いざり)川が流れている。漁川は恵庭岳周辺を源にし、支笏湖から流れる千歳川に合流して石狩湾に注いでいる。日本海と道央を繋ぐ水路だった。

先日、朝のポタリング(自転車散歩)でいつもの漁川の堤防道路を下流へと距離を延ばしてみた。初めてのことだった。

暫く行くと堤防の外側にぽつんと鳥居が立っている。自転車を降りて小さな広場に行くと恵庭神社遙拝所跡』と刻まれた大きな石と共に松浦武四郎が立ち寄った幕府の漁太(いざりぶと)番屋跡を示す看板があった。

 こんな近い所に武四郎が来ていたとは。あの特徴のあるスケッチ絵も掲示されていて、一気に蝦夷日記の江戸時代に引き寄せられた。

それにしても恵庭神社遙拝所とは一体何だろう。恵庭神社は毎年元旦にランニングして初詣する社だ。お屠蘇をいただきながら氏子さんから古い歴史があるとは聴いていたが。。。

家に帰って早速、恵庭に移り住んだ頃に買ったままだった『恵庭百年100話』(恵庭昭和史研究会)を読んでみた。武四郎と恵庭神社を繋ぐ興味深い話が載っていた。(つづく)

 

DSC_0005_01.JPG

遙拝所文字.jpg

          2018.9.18   7:00

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9880

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)