自転車をリフレッシュ

2018年09月26日

ナナカマドが色づいてきた。自転車シーズンも残り少ない。

ナナカマド2.jpg

朝のポタリングで後輪ギアをトップに入れるとクランクギア付近で微妙な異音がするようになったので行きつけの千歳の自転車屋で見て貰った。

原因はギアの摩耗とチェーンの伸びだった。噛み合わせが緩んでくると出てくる音とのこと。乗り手と同じく〝へたってきた〟ということだ。

ロードバイクを卒業して、子供が高校生の頃に乗っていたMTBを自転車旅に使ってきた。もう15年になる。3万キロくらいになるだろうか。稚内から鹿児島まで5~6往復したことになる。

丈夫なものである。ツーリング用の軽いものに買い換えようかとも考えたがいざとなると愛着がある。

元プロ自転車チームのメカニシャンの店主のアドバイスを受けて、この冬にオーバーホールをしてもらうことにした。

ギアとチェーンとボトムスプロケット(左右のクランクを連結する回転軸部分)を交換する。一度にこれだけやるのは初めてだ。

ママチャリは消耗品のように扱われるがスポーツ車は一度買うとメンテナンスをしながら長く使えるところがメリットだ。乗り手は?小まめにポタリングをして"へたり"を食い止めるとしよう。

    [スマホの写真が時としてヨコになってしまいます。]

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9851

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)