ちょこっと ミニトマト

2018年09月22日


DSC_0001.jpg
先日訪ねた時に、仁木町の果樹農家のI君からミニトマトの規格外品を沢山もらった。

下の方に成る実は規定の糖度に届きにくく出荷出来ないとのこと。十分に甘く勿体ない話だ。

数日して通常品とともに綺麗な料理に変身した。妻に聞くと「自家製セミドライトマト」と言うのだそうだ。「Cho-co-tto料理で出ているよ。」

種がしっかり見えるよう、実の長径に沿って二つ切りするのがちよっとしたコツのようだ。

折しも電力事情がタイトで「90分もレンジを使うことに気が引けたけど。」と言いながらテーブルに並べられた。

焼いて酸味を増したトマトの風味は格別だ。退職後に果樹農家に転身したI君家族が一生懸命育てた夏が詰まっているようだった。

DSC_0011.jpgDSC_0012.jpg

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9836

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)