月形町『皆楽公園』へ

2018年09月05日


IMG_20180902_081053.jpg
いつもは自宅近くの河川敷ポタリングコースから眺めている恵庭岳。自転車野宿旅のシーズンも終盤になり、台風前の晴れ間を縫って長沼から南幌、当別経由で月形町『皆楽公園』へ1泊の旅をした。長沼町からの恵庭岳もすっきりしている。

 
IMG_20180902_103952.jpg

 距離は片道70Km程度。行きは遠回りしたが、洒落たレストランあり、ファストフードありの道の駅『とうべつ』に巡り合った。パンと野菜スープのブランチ。走行中はデンプン質を軽めに補給する。草地の風が気持ち良い。

 IMG_20180902_130253.jpg

 月形町に近づいて国道275号から少し脇に入ると明治期の樺戸集治監の囚人墓地がある。朱鞠内湖周辺の『笹の墓標』(森村誠一著)と違って一般墓地と向かい合っている。政治犯も多かったと聞く。開拓に尽くした労苦に手を合わせる。

 IMG_20180902_135148.jpg

6時間ほど走って、今夜の"お宿"に到着。空知川の三日月湖の畔に芝生のキャンプサイト(使用料は何と1泊200円!)、バンガロー、子供の遊園地が整備され、コンビニ、安価な温泉ホテル・レストランも隣接している。オートバイ、車の先客が3名。

IMG_20180903_081303.jpg近くには新撰組の永倉新八が剣術指南をしていた「樺戸集治監」の資料館、囚人が整備したヒバの美林がある。鮒釣り、鯉釣りの人も多い。

IMG_20180903_104930.jpg翌日、北村で生まれて初めてヘラブナを見た。鯛のような見事な流線型だ。

若者ツーリングと遭遇-crop.jpg帰路、栗沢町の国道で大学のサイクリング部らしきグループとすれ違う。タイヤ経が700ミリと大きいので早い。

皆楽公園方面は道路も平坦で、テント泊の用具無しでも気ままな自転車旅を体感出来るお勧めコ-スだ。

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9769

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)