坊やを見つけた人に会っていた!

2018年08月15日

山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳の坊やが3日ぶりに無事見つかった。本当に良かった。

最近は体を為していないのでニュース番組は殆ど見ないが今日は終戦記念日なので午後7時のNHKニュースを見ていた。

坊やを発見したボランティアの人の顔を見てあっ!と思った。3年前の4月に九州一周自転車旅をしていて大分県で出会った人だった。報道によると尾畠春夫さん(78歳)

高千穂の山を越えて豊後竹田に下り、別府市に入った時のこと。夕方、温泉銭湯で汗を流し、近くの広場で涼んでいると赤いシャツを着たオヤジさんが声をかけてきた。

「そうかい。俺もリヤカー曳いて全国を回ったことがあるよ。野草って結構食べられるのが多いんだ。最近は東北津波の復興支援に行っている。表彰もされたよ。」

バイタリティーに溢れた真っ黒い日焼けした顔が焼き付いた。それっきりだったが、思わぬ再会をした気持ちだ。

尾畠さんにも「おめでとう!」と心の中で声をかけている。あの時も赤いシャツだった。

DSC_0690.jpgDSC_0691.jpg

     -2015.4.21 別府市 鉄輪温泉『熱の湯』前にて-

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9694

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)