ツール・ド・北海道2018開催 3 -市民レース-

2018年08月25日

続いて「市民レース」の概要をお知らせします。

全国から600名程度のアマチュアレーサーが参加します。

日本自転車競技連盟に登録されているハイレベルな選手からホビーレーサーまでいくつかのランクに分かれてそれぞれのコースで"ツール・ド・フランス"の世界を楽しみます。

日程の都合で「国際大会」では行われなくなったタイムトライアル競技がお勧めです。同じ場所で走りの違いを見ることが出来きます。

ロードレースは「国際大会」第3日の遠軽~当麻町のコースを使用しますので沿線の方は先に市民レースを見てから国際大会を見ることができます。通常は1時間くらい前に市民レースが通過します。

■市民レースの概要

 〇タイムトライアル 9月8日(土) 
  旭川市「石狩川河川敷地特設会場」(12:00~) 2.2km

  ★「新橋」付近をスタートし、「金星橋」付近で折り返し。

 〇ロードレース 9月9日(日) 

  【Aクラス】(93㎞)
   遠軽町(S:丸瀬布総合支所前8:00)
  ~上川町~愛別町~当麻町(F:とうまスポーツランド10:50頃)          

 【Bクラス】(75㎞)

  遠軽町(S:白滝ジオパーク前8:40)
  ~上川町~愛別町~当麻町(F:とうまスポーツランド11:00頃)
  

   【Cクラス】(33㎞)
   上川町(S:総合体育館前8:00)
  ~愛別町~当麻町(F:とうまスポーツランド9:10頃)

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9733

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)