台湾旅 Ⅱ -八田ダム-

2018年07月08日

隆田の駅で雨宿りをしていて、束の間の青空を見つけ、タクシーで 『八田ダム』へ向かった。台湾の穀倉地帯を創った灌漑施設だ。

その旨を筆談で示すと、65才以上なら900TWDで案内してくれるという。 3,500円くらいか。ダムまで15分くらいだった。

同じ年頃の運転手とは身振り手振りだがお互いの思いを想像する コミュニケーションは何だか動物としての原点回帰を感じる。

八田ダムは現地では「烏山頭水庫」と呼ばれ、今は大きな公園になった山間に 1910年から10年に及ぶ大工事のモニュメントを見ると、国交は無くても台湾の日本へ感謝の気持 が伝わって来る。

調査設計から完成まで携わった八田與一、外代樹夫妻が小高い丘から珊瑚潭と 呼ばれる堰き止め湖を眺めていた。

その時だけ南国らしい暑い陽射しがあった。

(つづく) IMG_20180707_145746.jpg IMG_20180707_144353.jpg IMG_20180707_151542.jpg

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9561

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)