"前例"が闇に沈む

2018年06月05日

国会でも地方議会でも答弁は客観的な事実に基づいて行われる。財務省の局長といえども国会で何の裏打ちもなく「書類は破棄していてありません。」と答弁するはずがない。

役人は"前例"の無いことに極めて慎重だ。ましてや公文書の破棄、虚偽答弁は思考の範疇外だ。事前の読会で通るはずがない。

安倍総理の"辞める答弁"があって官邸は鳩首会談をしたことはいろいろなメモの存在から容易に想像がつく。その場で佐川氏は"悪魔の前例"を作る覚悟をしたのだろう。

あとは役所の一種の所作である"問わず語り"で上意下達したことは財務省の調査報告で伺われる。意見はいろいろあると思うけれど不都合な真実に蓋をするようにした官邸が異常なのだと思う。

一連の疑惑で前川・前文科省事務次官と愛媛県の当たり前の対応に救われる思いだが、佐川氏は何故に口を閉ざしているのだろうか。何に信義を通そうとしているのだろうか。

「出発点」にされた佐川氏が真実を話さない限り真相は闇の中に葬られ、議会制民主主義を破壊する"前例"が闇に沈み込む。

  -マッチ擦るつかのまの海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや-

                         寺山修司

 

 

 

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9439

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)