理事会はどうなっているのだろうか。

2018年05月24日

日大アメフト部のことを考えている。悲しいかな極限に追い込まれると人間は理性を失ってしまうということが報道番組で容赦なく目の前に展開されている。

危険なタックルをした選手はそのことを悔い、懺悔し、全てを告白したと思う。人としてスポーツマンとして泣いたんだろうと思う。

対して大学の対応はあまりに悍ましい。人間は一度手に入れた名誉、権力、金銭を社会的信用を失っても手放そうとしないこともまた見事に展開されている。

「潰せ」はラグビーでは「ディフェンスのこの場面で相手の何番がスクラムサイドを突いてきたら何番が潰せ。」などと日常的に使う言葉で、突進を止めろくらいの意味で使っていたと思う。「怪我をさせろ。」などという具体的な指示をしていたわけで信じ難いことだ。

大学のガバナンス(組織統治)ということが言われている。今、日大に問われているのに一体、運営の最高責任者はどうしているのだろうか。その点の報道も無い。

記者会見で「ブランドが落ちると思うが。」と問われて司会の広報担当がひと言「落ちません。」と即座に答えて失笑を買った。「アメフト部の問題。」と考えているとしたらガバナンスに疑問を持つ。

活躍している数多の卒業生が名誉回復のための大学の対応を待っているのではないか。理事会はそのことに気づくべき出来事だと思う。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9407

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)