明快でフェアな解決しかない

2018年05月21日

日大アメフト部の危険タックルのことを考えている。巷間言われているような監督からのプレッシャーに追い詰められてのプレーなのかもしれない。しかし、真相は不明のままで今の政界のようだという声もある。

ラグビーにも早すぎるアーリータックルと遅すぎるレートタックルの反則がある。現役の頃はすれすれでプレーしていた。

スピードを上げて接近し、低く構えた姿勢になったら相手のパンツを目がけて入るので反則を取られることもあった。

しかし、ボールを持たないプレーヤーにもタックル出来るというルールとはいえ、棒立ちで惰性で走っている選手の背後からの不意打ちは信じがたい。「潰せ!」という言葉は試合中に使われていたが、「動きを止めろ。」の意。

日大の監督に非難が集中している。肩を持つ気は全く無いが、今の若者は小さい頃にケンカをしていないので力加減が分からず、相手に大怪我をさせる場合があると言われていたことがあった。

監督は何と言ったのか、学生はそれをどう捉えたのか、事実が明らかにならなければならないが、もし学生が認められたいがために相手のダメージを予測出来ないままあのプレーに走ったとしたら。

思慮も無い振る舞いが周囲にどのように影響するかを予測出来ない人物が跋扈している今の政治の世界に一石を投じるような明快でフェアな解決をアメフト部ではなく、日大に求めたい。挽回はそれしかない。

トラックバック

トラックバックURL: http://blog.hokkaido-np.co.jp/mt/mt-tb.cgi/9396

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)